MuscleVR
伸縮センサによる筋肉膨張の計測
detecting muscle shape deformation using a full body suit
2016
嶋崎嵐,杉浦裕太,伊藤勇太,三上弾,木村聡貴,杉本麻樹
Arashi Shimazaki, Yuta Sugiura, Dan Mikami, Toshitaka Kimura, and Maki Sugimoto

本研究では身体膨張の計測を行う装置として、フォトリフレクタとばねを組み合わせることで伸縮センサを開発し、このセンサを利用して身体膨張の計測を行う手法を提案する。提案する伸縮センサは、ばねの伸び・縮みを内部から光学的に計測するもので、伸縮性の高いばねを選定することにより運動時の阻害になりにくく、大きな変位を計測することができる。また、ばね定数を変化させることによって柔軟性を自由にカスタマイズすることができる。加えて、布に縫い付けることで、ユーザの着衣に組込むことも可能であると考えられる。本研究においては、提案する伸縮センサの特性について確認すると共に、ベルト状のデバイスを作成することによって、身体膨張の計測を行うことが可能であることを示す。また、運動解析において一般的に用いられる筋電位センサと同期した計測を行ない、時間的な対応関係について検討を行なう。

The research proposes a full body suit to detect muscle shape deformations. The suit consists of a stretchable sensor composed of a photo reflector (made up of a photo transistor and an infrared(IR) LED) and a spring. The photoreflector is embedded in the spring. When the spring is not stretched, the emitted IR light will reflect back to the phototransistor. However, when the spring is stretched, some of the emitted IR light can flow out through the aperture of the spring, reducing the light reflecting back to the transistor. Therefore, the more the spring is stretched, the less the amount of light would be detected. Here, a virtual reality(VR) system that can synchronize avatar bodies with users’ muscle shape deformations.