Grassffiti
芝生をパブリックディスプレイにする手法
Drawing Method to Produce Large-scale Pictures on Conventional Grass Fields
2016
杉浦裕太,戸田光紀,菊地高史,星貴之,神山洋一,五十嵐健夫,稲見昌彦
Yuta Sugiura, Koki Toda, Takashi Kikuchi, Takayuki Hoshi, Youichi Kamiyama, Takeo Igarashi, and masahiko Inami

本研究は、芝生の上に、広面積の絵を描画する手法を提案する。芝生は異方性を持つため、毛の角度に応じて光の反射が変化する。この現象を利用するとあたかも芝生に濃淡が生じているように人間は知覚できる。我々は、芝の毛の方向の角度を変えるローラー型の描画装置を開発した。これを用いてデザインした絵や文字の描画をした。パブリックスペースにおいてデモンストレーションを行い、多くの来場者にシステムを体験してもらった。

We propose a drawing method to create large-scale pictures in public space. We use a property of anisotropic reflection to show images on the grass field. We created a prototype of roller type device which can control the angle of grass. We observed that our system entertains people in public exhibition.