FlashTouch
タッチスクリーン間のデータ通信手法
data communication through touchscreens
2013
尾形正泰,杉浦裕太,大澤博隆,今井倫太
Masa Ogata, Yuta Sugiura, Hirotaka Osawa, and Michita Imai

FlashTouchはタッチスクリーンを搭載したモバイル端末と双方向通信を実現する通信方式および技術である。タッチスクリーンは光を放出する液晶パネルと、静電容量によって指の接触を認識するデジタイザーで構成されているため、この2つをインプット・アウトプットとして用いる。スタイラス型の FlashTouch 端末により、投影型静電容量タッチスクリーンを有するすべてのデバイスで使用する事ができ、ユーザ間のデータの受け渡しやデバイス間のシームレスなデータの移動といった、実世界でのデバイスに即した情報共有が可能になる。そのため、無線通信やユーザアカウントを用いたデータの移動といった知識がなくても使用できるインタフェースを実現できる。最後に、ユーザ間のデータ共有や、スマートフォンを経由した決済のアプリケーション例を示す。

FlashTouch is a new technology that enables data communication between touchscreen-based mobile devices and digital peripheral devices. Touchscreen can be used as communication media using visible light and capacitive touch. In this paper, we designed a stylus prototype to describe the concept of FlashTouch. With this prototype, users can easily transfer data from one mobile device to another. It eliminates the complexity associated with data sharing among mobile users, which is currently achieved by online data sharing services or wireless connections for data sharing that need a pairing operation to establish connections between devices. Therefore, it can prove to be of particular significance to people who are not adept at current software services and hardware functions. Finally, we demonstrate the valuable applications in online settlements via mobile device, and data communication for mobile robots.