Dollhouse VR
空間の設計者と利用者が協調してレイアウトを検討できるシステム
a multi-view, multi-user collaborative design workspace with VR technology
2015
杉浦裕太,尉林暉,チョントビー,坂本大介,宮田なつき,多田充徳,大隈隆史,蔵田武志,新村猛,持丸正明,五十嵐健夫
Yuta Sugiura, Hikaru Ibayashi, Daisuke Sakamoto, Natsuki Miyata, Mitsunori Tada, Takashi Okuma, Takeshi Kurata, Masaaki Mochimaru, and Takeo Igarashi.

Dollhouse VRは、複数人で空間のレイアウトを検討できるシステムである。このシステムは、複数の設計者がマルチタッチパネルで操作して、俯瞰視点から壁や家具などの空間のレイアウトを変更できる「空間レイアウトインタフェース」と、利用者が頭部搭載型ディスプレイを用いてレイアウトされたバーチャルリアリティ空間に没入し、一人称視点で空間レイアウトを体感できる「没入型インタフェース」からなる。本システムは、設計者と空間に没入した利用者(体感者)のコミュニケーションを支援する機能を備えており、操作と体感が同時に行えるため、設計者と利用者がリアルタイムで協調できる。設計者が現場の利用者の意見を、その場でレイアウトに反映でき、住宅や商業施設などの大規模建築物の空間設計の工程を短縮できる。

We present a system that facilitates asymmetric collaboration between users with two different viewpoints in the design of living or working spaces, such as the preparation of architectural schematics and floor plans. One viewpoint is that of the designers of the space, who observe and manipulate the space from a top-down view using a large tabletop interface. The other viewpoint is that of an occupant of the space, who observes the space through internal views using a head-mounted display. The system supports a set of interaction techniques that facilitate communication between these two user viewpoints. Our system can be used for the design of various spaces, such as offices, restaurants, operating rooms, parks, and kindergartens.