DanceDanceThumb
手根管症候群患者のためのリハビリテーションを支援するタブレットアプリケーション
Tablet App for Rehabilitation for Carpal Tunnel Syndrome
2017
渡辺拓郎,杉浦裕太,宮田なつき,藤田浩二,二村昭元,杉本麻樹
Takuro Watanabe, Yuta Sugiura, Natsuki Miyata, Koji Fujita, Akimoto Nimura, and Maki Sugimoto

本研究では継続的な手根管症候群のリハビリテーションを支援するタブレットアプリを提案する。具体的には、患者はディスプレイに表示されたキャラクタを母指の運動で取得するゲームを行うことで手根管症候群のリハビリテーションを行う。患者が行ったリハビリテーションはログとしてクラウド上に保存され、医師が患者のリハビリテーション状況を確認できるシステムを開発する。

We propose a tablet app that aids in rehabilitation for carpal tunnel syndrome. Patients play a game on a tablet PC in which they catch animal characters displayed on the screen with their thumb. In addition, we developed a system that records patient rehabilitation logs from the tablet and sends them to the cloud, where doctors can observe a patient’s condition remotely.